会員規定

秋田メディアネット

秋田メディアネット会員規程

(会員の責務)

第1条 会員は、秋田メディアネット(以下「AMN」という。)が定める規定を遵守しなければならない。
2 会員は、AMNから付与された識別符号(以下「ID」という。)およびパスワードを第三者に譲渡もしくは利用させたり、売買、賃貸などすることができない。
3 会員は、IDおよびパスワードの管理、使用につき責任を持つものとし、自己の責任においてその利用に係わる一切の債務を支払うものとする。

(入会手続)

第2条 AMNに入会しようとする者は、入会申込書を提出し、AMNの承認を得なければならない。
2 AMNは、入会を承認したときは入会承認を会員に通知するものとする。

(会費)

第3条 AMNに入会しようとする者は、あらかじめ別に定める会費を納めなければならない。
2 会費については、原則として返還をしないものとする。

(変更届)

第4条 会員は、入会時の届け出内容に変更があったときは、速やかに変更の届出をAMNに対し行わなければならない。
2 会員は、特別の事情のない限り、登録された氏名の変更を行うことができない。

(退会手続)

第5条 会員が退会する場合は、退会しようとする日の1か月前までに退会届出書を提出しなければならない。
2 AMNは、退会を認めたときは、遅滞なくその旨を会員に通知するものとする。

(雑則)

第6条 本規程に定めるもののほか、必要な事項は別に定める。

附 則

1 本規程は、1998年2月1日から施行する.

ネットワーク・オペレーティング・ステーション規程

(趣旨)

第1条
この規程は、秋田メディアネット(以下「AMN」という。)が管理運用するネットワーク・オペレーティング・ステーション(以下「AMNOS」という。)の運用および利用について必要な事項を定める。

(利用者の範囲)

第2条
AMNOSに接続できる者およびAMNOSを利用できる者(以下「ユーザ」という。)は、AMN会員として会費を納入している者に限られる。
2 AMNは、接続に支障があると判断したときは接続を許可しないことがある。

(サービス種目)

第3条 AMNは、ユーザに対し、次のサービスを提供する。

  • AMNOS接続サービス
     AMNOSのサーバに接続するサービス
  • 付帯サービス
     前号のサービスに付帯するサービス AMNが作成または収集した情報をサーバを使用して提供するサービス
  • ディレクトリ・レンタル・サービス
     WWWサーバの記憶領域の一部を賃貸し、情報発信を支援するサービス

(接続要件)

第4条

  • ユーザは、AMNが指定する接続のための要件を満たさねばならない。
  • AMNOSへの接続は、公衆回線によるダイヤルアップ,その他AMNが提供する接続に限る。
  • 接続のための設備および通信料等はユーザが負担しなければならない。
  • ユーザは、AMNOSのサービスに支障を与えないよう、接続設備の正常な稼働を維持しなければならい。

(ディレクトリ・レンタル・サービスの要件)

第5条 サーバに格納するデータの作成は、サービスを利用するユーザがこれを行う。
2 作成したデータは、ユーザが自らネットワークを使用してサーバに転送しなければならない。ただし特別な事情のあるときは他の方法によることができる。

(利用料)

第6条 AMNOSのサービス利用料は、次のとおりとする。

  • AMNOS接続サービス
    会費  契約種別に定める金額「1日から月末まで,振替日は毎月27日とする」(ただし、支払い方法により異なる場合がある)
  • 電子メール・アカウント
    会員  契約種別による規定個数まで無料 
    電子メール・アカウント 規定個数を超える場合契約種別ごとの追加料金とする。
  • ディレクトリ・レンタル・サービス(ホームページ)
    個人,法人,団体会員 契約種別ごとに規定容量まで無料
    規定容量を超える場合契約種別ごとの追加料金とする。
  • その他のサービス
    その他のサービスについては、別途料金を設定する。

(利用料の改定)

第7条 AMNは、必要と認めるときは、前条の利用料を改定することができる。
2 AMNは、利用料を改定するときは事前に会員に通知しなければならない。

(会費の支払い)

第8条

  • AMNは、ユーザに対し第6条に規定する利用料金の総額(以下「会費」という。)を請求する。
  • 会費の請求を受けたユーザは、その全額をAMNが指定する口座に一括して支払わなければならない。
  • ユーザは、月の途中から利用を開始する場合であっても、会費の全額を支払わなければならない。
  • 前項の規定は、月の途中で退会する場合についてもこれを準用する。
  • AMNは、会費の納入につき第1項から第3項までに規定する方法以外の方法を指定することができる。

(禁止行為)

第9条 AMNOSにおいては、次に掲げる行為を禁止する。

  • AMNが定める規約に反する行為
  • 公序良俗「アダルトビデオ、アダルト写真などを含む」に反する行為
  • 通信を妨害する行為
  • 著作権を侵害する行為
  • 他者を誹謗中傷する行為または他者に不利益を与える行為
  • 相互接続するネットワークの規約に反する行為
  • AMNに不利益を与える行為
  • スパムメール(迷惑メール)など第三者に対してのAMNが迷惑行為と認めるもの
  • AMNが迷惑行為と判断した場合は、会員との契約を一方適に解除することが出来る。
    この場合すでに受け取った会費、又は、集金代行などのデータ処理後の会費の返還はしない。

(他のネットワークとの通信)

第10条 ユーザは、AMNOSと相互接続する他のネットワークとの通信に関しては、そのネットワークの利用規約を遵守しなければならない。

(利用の停止)

第11条 AMNは、ユーザが次のいずれかに該当すると判断した場合は、AMNOSへの接続または利用を停止または解除できる。

  • 会費を支払わず、催告に応じない者
  • 本規定に違反する者

2 AMNは、本規定に違反しているユーザの接続につき緊急を要すると認めた場合は、ユーザに通知することなくただちにその接続を解除することができる。

(運用)

第12条

  • AMNは、ユーザの通信内容には関与しない。また、通信の秘密は、これを侵さないものとする。
  • AMNは、AMNOSの運用において知り得たユーザの秘密を漏らしてはならない。
  • AMNは、AMNOSのサービスが安定して提供されるよう努めなければならない。
  • AMNは、非常事態が発生または発生するおそれがあるとき、または公共の利益を優先するためにAMNOSの利用を制限することがある。
  • AMNはAMNOSが提供するサービス及びその情報の質を保証しない。
  • AMNは、電気通信設備等の保守または工事のため、AMNOSのサービスを停止することがある。
  • AMNは、電気通信設備等の障害等やむを得ない場合、予告なくAMNOSのサービスを停止する事ができる。

(責任)

第13条 AMNOSを利用して行う通信は、すべてユーザの責任において行われなければならない。

(当社の免責事項)

第14条 AMNは、契約者、利用者に対して発生した損害に対して、発生の理由を問わず、その責任を負わないものとする。

(管轄裁判所)

第15条 契約者、利用者とAMNの間で本規約、その他において紛争が生じた場合は、秋田地方裁判所または秋田簡易裁判所を第一審の専属管轄裁判所とします。

(雑則)

第16条 本規程に定めるもののほか、必要な事項は別に定める。

附 則

  • 本規程は、1998年2月1日から施行する。
  • 本規定の一部改訂 2002年10月1日
  • 本規定に条項を追加 2003年1月1日

menu

access

◆秋田メディアネット◆

TEL 018-863-7745

010-0951
秋田県秋田市
山王2-10-39
TEL018-863-7745
上のQRコードで携帯に登録



Copyright © 2008 AMN All right reserved.
会社案内 | プライバシーポリシー | サイトポリシー